読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Keep on moving

あんまりまとまってないことを書きますよ

python code reading#10

python

python code reading#10に参加しました。取り急ぎまとめます。

  • Pythonのテスト手法とテストコードを読む(柴田 淳さん)
  • テストの利点
    • 開発と平行してバグを発見できる
      • プログラムを部品レベルで品質管理
    • プログラムの修正、リファクタリングがしやすくなる
      • class分割、アルゴリズム
    • 品質管理を自動化できる
      • 確認の手間を省ける
  • pythonとテスト
    • Pythonのテスト手法
      • doctest
        • ドキュメンテーション文字列にテストを書く
        • テスト用コードが使い方の説明になる
          • python3.0以降だとlibrary moduleだと6つくらい。排除される傾向、JUnit
      • UnitTest
    • COOKIE.py
      • 辞書ライクなCookiiオブジェクトを提供
      • httpdのヘッダとCookieオブジェクトを相互変換
    • ">>>"文字列を見つけてテスト
    • 説明っぽいが実はテスト。Doc書きながらTestがかける
    • DOCTESTの利点
      • 手軽
        • シェルの結果をぺたぺたはれる
      • DOC=TEST
      • 多くの機能をテストとして木jつつ
      • きれいなコード=DOC
    • 冗長
    • 特に継承したクラスのテストに弱い(コードが冗長になる)
    • オブジェクト生成を伴うテスト
    • 環境整備を伴うテスト
      • データベース接続、Web
      • 複雑なテストに向かない
  • Pythonは?
    • Python3.0(2.6)の時点でテストを強化
  • カバレッジの二つの側面
    • 作る人
      • 開発効率の向上
      • 安心感
    • 使う人
      • クオリティの判定
      • 安定度の判定
  • テストが書きづらい=リファクタリング開始のサイン
  • 一つのテストパッケージをつくる感じ
  • カバレッジを上げるには?
    • TDDを使いましょう。
  • テストを作っていて自分がいやなやつだと思いません?
    • 逆に見つけてラッキーと思うといいのでは?
  • カバレッジ表示するツールありますか・
    • たくさんあります。渋川さんが作っていた気がします。