Keep on moving

あんまりまとまってないことを書きますよ

ScalaからArgs4jをつかう

TODO 本文は後で書く