読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Keep on moving

あんまりまとまってないことを書きますよ

Play20でIntelliJを使う

Play20 Play!framework

Play20で IntelliJをのプロジェクト化する方法をまとめておきます。
前にMLでIntelliJに取り込む方法が紹介されてたけどこちらの方が簡単なので紹介します。*1

やりかた

  • Play RC1-snapshotをビルド
  • "play new hoge"で新規プロジェクトを作成
  • "hoge/project/plugin.sbt" を以下のように変更
resolvers ++= Seq(
    DefaultMavenRepository,
    Resolver.url("Play", url("http://download.playframework.org/ivy-releases/"))(Resolver.ivyStylePatterns),
    "Typesafe Repository" at "http://repo.typesafe.com/typesafe/releases/"
)

addSbtPlugin("play" % "sbt-plugin" % "2.0-RC1-SNAPSHOT")

resolvers += "sbt-idea-repo" at "http://mpeltonen.github.com/maven/"

addSbtPlugin("com.github.mpeltonen" % "sbt-idea" % "1.0.0")
  • プロジェクト内で play コマンドを実行
  • sbt コンソールで "update"コマンド実行.
  • sbt-ideaがきちんと登録されたら、"gen-idea"コマンド実行
  • IntelliJを開いて、"File"メニューから,"Open Project"でPlay プロジェクトのフォルダを選択
  • できました.-)

f:id:Ehren:20120129233950p:image

まとめ

Play2.0はsbtベースになってくれたお陰でsbtの拡張がそのまま使えるのが便利ですね。
Play2.0 finalまでにコマンドが取り込まれる予定らしいのでそれまではsbtの拡張を探して使うのが良さそうですね。
なお、eclipse版もあるので、後日試してみたいところです。
先人に感謝。

typesafehub/sbteclipse · GitHub

*1: 実はPlay!flamework AdventCalendar 2週目以降用のネタだったのですが、現状に合わせて大幅に変更して今更公開します。