読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Keep on moving

あんまりまとまってないことを書きますよ

ArchLinuxでJava環境を整える

Linux

近頃プライベートではMac OS X or Ubuntu で開発することが多いのですが、
たまには気分転換に家の開発環境をArchLinux に変更してみました。

JDKとかを手で入れるしかないのかなーと思ってたら、 @ さんに
pacmanでいれられるコトを聴いたので早速設定してみました

ArchLinuxでのJava の管理法

こちらを参考にする。
Java (日本語) - ArchWiki

java-runtime-common と java-environment-common をインストールすることで使えるようになる
archlinux-java コマンドを使うことで切り替え可能。
ちなみに僕はOpenJDKは仕事ではまったことがあるので使わないことにしてます。

Oracle JDKのインストール

AUR (en) - jdk

こちらを入れる。

AURについてはこちらを参照する。

Arch User Repository (日本語) - ArchWiki

Oracle JDK をインストールすると、上記のarchlinux-java がPATHの設定をうまいことやってくれます。どうやらJAVA_HOMEはforce setting しない様子。

ここまで来るとIDEとかも動くはず。

JVM言語いれたり、プロジェクト管理ツールいれたり

maven , gradle, scala, sbt,clojure, leiningenとかをあとは入れていけばいいだけ
現状、 gradle, leiningen はAURから取得する必要があるけど、ほかはpacman でインストール可能。

まとめ

homebrewのほうが便利だと思ってたけど、Archはここらへんよく出来てました。